局在による脳腫瘍についてまとめました。 局在は以下のように大きく5つに分類します。

局在による脳腫瘍の鑑別

  1. テント上脳実質内腫瘍、大脳表在腫瘍
  2. 後頭蓋窩脳実質内腫瘍、小脳橋角部腫瘍
  3. 下垂体・下垂体近傍腫瘍
  4. 脳実質外腫瘍
  5. 多発脳腫瘍、広範進展する腫瘍

そしてそれぞれ、どのような腫瘍を鑑別に挙げていくべきかをみていきましょう。



1、テント上脳実質内腫瘍、大脳表在腫瘍

テント上脳実質内腫瘍

大脳表在腫瘍

脳室内腫瘍

※青字は小児。

2、後頭蓋窩脳実質内腫瘍、小脳橋角部腫瘍

後頭蓋窩脳実質内腫瘍

小脳橋角部腫瘍

症例 80歳代 女性

meningioma mri findings

左小脳橋角部に硬膜と広基性に付着する腫瘤あり。

dural tail signを認めています。

CISS像で内耳道を走行する神経との連続性は認めず。

髄膜腫を疑う所見です。

3、下垂体・下垂体近傍腫瘍

スライド60

4、脳実質外腫瘍

脳実質内(intra-axial)か脳実質外(extra-axial)かの鑑別

がメイン。さらに、より細かく

造影効果あり

※血管外皮腫をmeningioma,SFTと画像上区別は困難。
※血管外皮腫は栄養血管が、脳軟髄膜下動脈であることが多い点がポイント。また、血管外皮腫、SFTはmeningiomaと比べて浮腫が強い。

造影効果なし

スポンサーリンク

5、多発脳腫瘍、広範進展する腫瘍

多発脳腫瘍

広範進展