巨大脳槽とくも膜嚢胞

巨大大槽(mega cisterna magna)

  • 小脳と延髄結合部のくも膜下腔(大槽)が拡大した状態。
  • 大槽は上面が小脳虫部下部、前面が延髄、後面は後頭上骨の正中部で囲まれたくも膜下腔のこと。
  • 脳脊髄液と同じ成分。
  • Dandy-Walker complexの1型とする考え方もある。
症例 70歳代女性

megacisterna

小脳背側にT2WI高信号あり。
FLAIRでは信号を認めず、脳脊髄液と同じ。
矢状断像では、くも膜下腔と連続している様子がわかり、巨大大槽(mega cisterna magna)と診断される。

くも膜嚢胞(arachnoid cyst)

  • 脳脊髄液が嚢胞状にくも膜下腔に貯留したもの。
  • くも膜下腔が存在するいかなる場所にも発生する。
  • 中頭蓋窩(50-60%)、小脳橋角部(10%)、鞍上部(10%)

巨大脳槽とくも膜嚢胞の鑑別1)

水頭症を起こすような巨大なくも膜嚢胞の場合は、鑑別が必要になることもあるが、両者は鑑別の必要もないことが多い

両者は区別が困難な場合もあるが、

  • 嚢胞が第4脳室(くも膜下腔)と連続せず、小脳および第4脳室脈絡叢の前方への圧排があればくも膜嚢胞。
  • 嚢胞が第4脳室(くも膜下腔)と交通し、小脳の圧排がみられなければ巨大脳槽。

を考える。

嚢胞による後頭骨内板の侵食は両者に見られうるため、鑑別点とはならない。

参考文献:
1)臨床画像 vol.27,No.1,2011 P4

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら