血管芽腫(血管芽細胞腫)(hemangioblastoma)

  • 成人の後頭蓋窩脳腫瘍(小脳血管芽腫)として発生する事が多い。後頭蓋窩腫瘍の7%。
  • 成人の後頭蓋窩脳腫瘍では、転移性脳腫瘍>血管芽腫の2種類が重要。
  • 部位は小脳(80-85%)、脊髄(3-13%)、延髄>テント下は稀。
  • 症状は頭痛、平衡障害、めまい。
  • 40〜60歳に多い。
  • 散発性が75%、von Hippel-Lindau病(VHL)が25%。
  • WHO gradeⅠの緩徐に発育する良性腫瘍。
  • VHL例の単発性血管芽腫では、2/3に複数の病変が発生する。
  • 治療は外科切除±術前塞栓術。
  • 10年生存率は85%。再発率は15%。

画像所見

  • 嚢胞+壁在結節のパターンが6割、充実性腫瘤のパターンが4割。
  • 軟膜に接する壁在結節を有する嚢胞性病変が最も特徴的な所見。
  • 壁在結節には造影効果あり、嚢胞には造影効果なし。(壁在結節以外には腫瘍細胞は存在せず、壁はグリオーシス)
  • 全体が充実性のものもあり、その場合はテント上に多い。
動画で学ぶ血管芽細胞腫 30歳代女性 頭痛で救急外来受診

▶キー画像

hemangioblastoma

小脳に嚢胞性病変を認めています。hemangioblastoma1

T2WIで高信号であり、やはり嚢胞であることが確認できます。

hemangioblastoma2

造影T1WIでは嚢胞+壁在結節の形で、壁在結節に造影効果を認めます。

hemangioblastoma3

矢状断像でもその様子がよくわかります。

血管芽腫に典型的です。

嚢胞+壁在結節のパターンの鑑別診断

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。