視床下部過誤腫(hypothalamic hamartoma)

・視床下部神経やグリア組織からなる過誤腫で、真の腫瘍ではない。

思春期早発症や、けいれん発作、笑い発作で発症する。

・視床下部の灰白隆起から脚間槽に突出する腫瘤として認められる。

・2歳までの発症が多く、男児に多い。ただし10代などでもみられる。

・組織学的には正常の灰白質に類似する。

・内部には様々な程度のグリオーシスが見られ、MRIの信号強度を左右する。

視床下部過誤腫のMRI画像診断

・T1WIにて等信号、T2WIにて等信号〜軽度高信号を示し、造影効果は認めない

・思春期早発症を来す過誤腫はサイズが小さいことがあるので注意。

・T2WIで明らかに高信号を知恵する場合は、神経膠腫などの腫瘍との鑑別が必要になることもある。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。