脳腫瘍全体のうち3割はグリオーマです。

グリオーマには星細胞系腫瘍の他に、
乏突起膠細胞腫などが含まれますが、
なんと8割を星細胞系腫瘍が占めています。

脳腫瘍を制するためには、星細胞系腫瘍をまず制することが必要です。

星細胞系腫瘍の種類

grade 分類 組織像 予後
毛様細胞性星細胞腫(pilocytic astrocytoma)
びまん性星細胞腫(diffuse astrocytoma) 核異型 5年以上
退形成性星細胞腫(anaplastic astrocytoma) 核異型、細胞分裂 2-5年
膠芽腫(glioblastoma) 核異型、細胞分裂
血管増生、壊死
1年未満

星細胞系腫瘍といえばまず上の4つをWHOのgradeとともに覚えるようにしてください。

中でもgliobalastomaおよびdiffuse astrocytomaがそれぞれグリオーマの3割を占め、anaplasitc astrocytomaが2割でこれに続きます。

浸潤型

限局型(特殊型)

※Grade ⅡとⅢ、ⅢとⅣの境界は病理学的に必ずしも厳密ではない。

グリオーマの特殊性

  • いわゆる良性でも浸潤性の増殖をきたす。
  • 再発を繰り返して、悪性化する。
  • 脳脊髄液を来した播種性転移を来す。
  • 良性でも発生部位により致命的。
  • 膠芽腫には2つの発生パターンがある。
びまん性星細胞腫退形成性星細胞腫膠芽腫と進行する二次性タイプ
de novoタイプ(最初からいきなりglioblastomaが発生こっちが多い。)

一般にgrade Ⅲ以上を悪性グリオーマという。

MRI画像と悪性度の相関

MRI画像では、グレードが上がると造影効果が生じて来たり、ADC値の低下を認める。

  • WHO grade Ⅲ-Ⅳ→ADC低下(腫瘍細胞密度の増加)
  • WHO gradeⅠ-Ⅱ→ADC軽度上昇

ただし造影効果の有無だけでは悪性度は判断できず、より悪性度とリンクするのが、灌流画像 rCBVであり、悪性ほど血流が増える。他、悪性ほどMRSのCho/NAAおよびCho/Crが高値になる。

グリオーマの基本的な治療方針

  • なるべく多くの腫瘍組織を摘出。
  • その後、化学療法と放射線治療を加える。

予後に影響する因子。

  • 年齢
  • Peformance status
  • 組織型
  • 播種の有無、浸潤の程度
  • 摘出した割合
  • 放射線療法
  • 化学療法

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。