胸部CTにおける多発肺結節・腫瘤影・浸潤影の鑑別診断

胸部CTにおいて多発肺結節・腫瘤影・浸潤影を呈する疾患は

  • 腫瘍性
  • 感染性
  • 非感染性肉芽腫
  • その他

に大きく分けることができます。

それぞれの原因疾患は次の通りです。

腫瘍性

  • 転移性肺腫瘍
  • 悪性リンパ腫(MALT lymphomaなど)
  • 浸潤性粘液性腺癌
  • リンパ増殖性疾患(リンパ腫様肉芽腫症:LYG(lymphomatoid granulomatosis)など)
  • 過誤腫
  • 喉頭乳頭腫
  • 転移性平滑筋腫
  • 同時多巣性肺腫瘍(細気管支肺胞上皮癌、IVBAT、Kaposi肉腫、カルチノイド)
  • 類上皮血管内皮腫

感染性

症例 60歳代男性 発熱・呼吸困難

septic embolization CT findings

右上下葉末梢に結節影を2箇所認めています。

上葉のものは空洞形成あり。

敗血症性肺塞栓症と診断され、加療されました。

非感染性肉芽腫症

症例 70歳代男性 Wegener肉芽腫(GPA)

GPA CT findings

両側肺野末梢に多発浸潤影あり。周囲にすりガラス影(halo)あり。

GPAと診断されました。

その他

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら