Sponsored Link

過誤腫(hamartoma)

  • 肺の組織成分が混在する組織奇形。肉眼的にも顕微鏡的にも新生物に類似する巣状の奇形。
  • 肺の過誤腫は真の過誤腫かどうか議論があり、現在は良性腫瘍の一種と考えられることが多い。
  • 大部分の過誤腫で軟骨を含むことが多く、他に脂肪や嚢胞状の液体貯留を認める。
  • 肺の単発性結節の6-8%、肺の良性腫瘍の77%を占める。
  • 40〜50歳代に好発し、男女比は2-3:1。小児には稀。
  • 通常は無症状だが、気管支内腫瘍による閉塞性肺炎が原因となって、咳嗽、軽度の胸痛、発熱を来すことがある。まれに喀血あり。

過誤腫の画像診断

  • 通常単発性結節。稀に多発。肺野末梢に位置することが多い。3-20%は気管支内に発生。
  • 通常径4cm以下であるが、10cm程度まで発育することもある。
  • 軟骨の成分が多い軟骨性過誤腫が最多。辺縁が類円形か分葉形。
  • 石灰化は15〜20%で見られる。小病巣の石灰化はアーチファクトとの鑑別が困難(beam harding artifact)。
  • ポップコーン状石灰化を見た場合は過誤腫の可能性が高い。
  • 脂肪成分は50%で見られる。CTで内部に脂肪濃度を見つければ診断は容易。(画像(HRCT)では脂肪34%、脂肪と石灰化両方は19%。病巣内の脂肪は最大でも2mm大程度。)
  • 造影は辺縁優位の増強>全体の増強>内部のみ部分的に増強。
  • 一般に緩徐に増大傾向を示すが、急速に増大する症例も報告されている。
症例 60歳代 男性

lung-hamartoma

左下葉に境界明瞭な球形の結節あり。

内部には脂肪含有を認めており、過誤腫が疑われます。

5年前の画像(非提示)と著変ありませんでした。

症例 70 歳代の男性。検診の胸部 X 線写真で異常を指摘。

lung hamartoma

2013年放射線科診断専門医試験問題23より引用。

境界明瞭な肺結節、内部に脂肪の含有あり。肺過誤腫を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら