珪肺とは(silicosis)

  • 塵肺で最も多い。次いで石綿肺が多い。
  • 鉱山労働者や石切作業者に認める。
  • 極めてfibrogenicな遊離珪酸の吸入により起こる。
  • 慢性珪肺、急進珪肺、急性珪肺の3型がある。
  • 通常見られるのは粉塵暴露後20年異常経過して発症する慢性型
  • Tb、肺癌(扁平上皮癌、小細胞癌)の発生が多い。他、自然気胸、続発性気管支炎などを合併する。

珪肺の画像所見

レントゲン所見

  • 上肺優位の境界明瞭な小粒状影
  • 粒状影に石灰化が見られることあり。
  • 進行すると、上中肺野に大陰影(PMF:progressive massive fibrosis)を形成。
  • 上葉は収縮し、肺門挙上と下肺野に代償性肺気腫を生じる。

CT所見

silicosis

  • 経気道性に粉塵暴露→小葉中心性結節
  • 粉塵を貪食したMφが移動中のリンパ路で病変が生じる→胸膜下、小葉間隔壁などの広義間質にも結節を認めるようになる。胸膜に接する結節が融合して胸膜プラークに似た像を形成することがあり「偽胸膜プラーク(pseudoplaque)」と呼ばれる。気道性+間質性に病変が及ぶ(小葉中心性+広義リンパ路)ことが重要!!
  • 粒状影や塊状影は左右対称。周囲にbullaや気腫を伴う。粒状影の癒合による1cmを超える大陰影(progressive massive fibrosis:PMF)
  • 上肺が多いが、下肺に認める事もある。さらに、PMFはサイズが増大することがある。また空洞を形成することがある。

※とするとPMFと肺癌の鑑別は?→PMFはMRIのT2WIにて低信号を呈する。
※PMFが空洞を形成するかどうかは内部の成分の違いによる。泥っぽい成分の場合は空洞を作りやすい。

  • 縦隔や肺門には石灰化を伴ったリンパ節(卵殻状石灰化eggshell calcification)あり。

※腹部にもリンパ節石灰化を来す事がある。
※またリンパ節腫大のみのこともある。PETで陽性になることがあり、注意を要する。

症例 78歳男性

スライド08


症例 75歳女性

スライド09


症例 73歳男性

スライド10


症例 70歳代男性

症例  70 歳代の男性。咳嗽を主訴に来院した。

silicosis

2016年放射線科診断専門医24より引用。

両側上葉に小結節あり。大陰影あり。珪肺を疑う所見。

症例 70 歳代の男性。胸部異常陰影を指摘。

silicosis2014年放射線科診断専門医試験問題29より引用。

両側上肺野優位に境界明瞭な多発結節あり。珪肺を疑う所見。


症例 70 歳代の男性。20 数年前から胸部 X 線写真で異常所見を指摘。

progressive massive fibrosis on Xray2010年放射線科診断専門医試験問題24より引用

肺門部には著明な石灰化リンパ節あり。卵殻状の形態。左上葉には大陰影あり。珪肺を疑う所見。

縦隔・肺門リンパ節の石灰化をきたす疾患

  • 珪肺
  • 陳旧性結核
  • サルコイドーシス
  • 放射射治療後の悪性リンパ腫

スポンサーリンク

関連記事はこちら