Sponsored Link

敗血症性塞栓症(septic embolization:SE)

・感染性心内膜炎や敗血症により細菌などが血行性に散布され、肺に病原体を含む血栓を生じる。

・原因は感染性心内膜炎静脈血栓症(深在性血栓性静脈炎)静脈留置カテーテル

・Lemierre 症候群はSEの主な発生源の1つで1936年にはじめて発表され、転移性感染を伴った内頚静脈の嫌気性静脈炎と記載されている。

Sponsored Link

・Lemierre症候群の肺疾患は97%とされ、肺膿瘍、胸水、肺気腫、気胸を伴ったSEを引き起こす。

・結節は胸膜と接し、サイズは直径1~3cmで、辺縁は不明瞭で、経過中に空洞を伴うことが多い。短期間でこのような病変が多発、増大した場合は疑う。

抜歯後であるとか、心臓疾患を合併してないかなどが鑑別のポイントとなる。

画像所見

▶CT所見:

両側びまん性の結節影や実質の浸潤影(83%)である。

胸膜に接する末梢の楔形陰影(50%)。

空洞は約85%にみられる。

空洞の壁は厚く、辺縁は不整

・多くの症例で上葉が侵されるとしているが、上葉と同様に下葉を侵すという報告もある。「栄養血管(feeding vessel sign)」(末梢の病変に導かれている血管)が特徴的な所見であるとされているが、これについては議論の分かれるところ。

症例 30 歳代の男性。39℃ の発熱と呼吸困難。

septic embolization

2013年放射線科診断専門医試験問題29より引用。

両側下葉末梢に空洞を有する結節。胸膜直下のspareなし。発熱もあり、敗血症性肺塞栓症を疑う。

 

動画で学ぶ敗血症性塞栓症

▶キー画像
septicemboli1

septicemboli2

septicemboli3

septicemboli4

Lemierre症候群

・健常若年成人が急性扁桃炎、扁桃膿瘍あるいは扁桃周囲膿瘍発症後4〜5日で急激に増悪し、頚静脈の化膿性血栓性静脈炎から、敗血症、多発性転移性感染(肺胸膜、肝、腎、関節)を呈する病態。

・本症候群の病原体は嫌気性菌でFusobacterium necrophorumが最多である。

・若年者で咽頭痛や開口障害が先行し、激しい炎症所見を認め、汎発性播種性管内凝固(DIC)、敗敗血症、敗血症性肺塞栓などの多彩な臨床経過をたどる。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら