広義リンパ路病変とは?

lymph vascular system

  • CT所見では、広義間質(小葉間隔壁、気管支血管束、胸膜)の肥厚や広義間質に沿った結節病変が基本となる。
  • 特に、結節病変が葉間胸膜に沿って存在する場合は胸膜に接しているか否かに注目。ただし、ランダム分布の結節や胸膜播種でもそう見えることがあるので注意。
  • 病理学的には、広義間質やリンパ管への細胞浸潤・肉芽腫形成・浮腫などを反映している。
  • 静脈のうっ血、リンパ管いずれかが拡張した状態。

広義リンパ路病変の鑑別診断

小葉間隔壁の肥厚、気管支血管束の肥厚などを手がかりに、以下の鑑別診断を考える。

症例 50歳代女性 乳がん術後。

癌性リンパ管症の前後の同じレベルでのCT画像です。

小葉間隔壁・気管支血管束の肥厚を認めています。

癌性リンパ管症のCT画像所見です。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。