肺原発悪性リンパ腫

  • 大部分は低悪性度のB細胞性で、気管支粘膜付属リンパ組織(mucosa-associated lymphoid tissue:MALT)より発生するため、MALT lymphomaと呼ばれる。
  • 多くは無症状で、偶然発見される。
  • 症状がある場合は、咳嗽が多い。
  • 肺以外では、消化管、甲状腺、唾液腺、眼窩、骨髄、皮膚等でMALT lymphomaの発生の報告あり。
  • Sjogren症候群など膠原病、免疫グロブリン異常症に高頻度に発生。
  • EBウイルスとの関連の報告もあり。
  • 原発と続発だと後者が大部分を占める。Hodgkinリンパ腫が多い。

画像所見

  • air-bronchogramを呈する腫瘤もしくは斑状のconsolidationとして認められる。
  • CT angiogram signを呈することあり。
  • 他、結節、微細結節、すりガラス影、小葉間隔壁や気管支血管周囲間質の肥厚、胸膜の肥厚などが見られる。
  • 病変の発生部位に偏りはない。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する