Sponsored Link

CT halo signとは?

CT halo sign

 

CT halo signとは?
充実性の結節の辺縁をすりガラス影がリング状に取り囲む胸部CT所見。

 

侵襲性アスペルギルス症の早期所見として有用なサインとして報告されたが、この疾患に特異的な所見ではなく、さまざまな疾患においても見られる。

関連記事)肺アスペルギルス症のCT画像診断

Sponsored Link

すりガラス影の原因から分類

すりガラス影の原因には、出血、腫瘍細胞浸潤、炎症細胞浸潤が挙げられる。

出血が原因となりCT halo signを呈するもの

感染症
非感染症

腫瘍細胞浸潤を伴いCT halo signを呈するもの

関連記事)lepidic patternについて

炎症細胞浸潤により、CT halo signを呈するもの

参考)大城康二先生ほか、臨床画像2015年9月 孤立性結節影 1036-1038

 感染症が原因のCT halo signか否かで分類

感染症によりCT halo signを伴うもの

症例 敗血症性肺塞栓症例

septicemboli1

非感染性によりCT halo signを伴うもの

腫瘍性
  • 原発性肺腫瘍(扁平上皮癌、Kaposi肉腫、腺癌)
  • 転移性(血管肉腫、絨毛がん、骨肉腫、悪性黒色腫、胞状奇胎、消化器癌)
  • リンパ増殖性疾患
  • 硬化性血管腫
炎症性あるいはその他
  • 多発血管炎性肉芽腫症
  • 好酸球性肺病変(好酸球性肺炎、好酸球増多症候群)
  • 肺子宮内膜症
  • 気質化肺炎
  • 過敏性肺炎
  • 医原性肺損傷

参考)狩野麻実先生ら、画像診断 vol.33 No.12 2013:P1321-1323

Sponsored Link

 

関連記事はこちら