直腸癌の場所による分類の大まかな目安と術式

病気がみえる vol.1 消化器を改変

症例 70歳代女性 直腸癌Ra中心

左:注腸透視、右:造影MRI(脂肪抑制造影T1強調像)

Rarectum

注腸透視にてRaにapple core signあり。

造影MRIにおいても同部に造影効果を有する壁肥厚あり。

Raを中心とする直腸癌と診断されました。

直腸癌の場所の分類と治療法

Rs:直腸S状部
  • 岬角〜S2下縁→高位前方切除術
Ra:上部直腸
  • 〜腹膜反転部→低位前方切除術
Rb:下部直腸
  • 〜恥骨直腸筋付着部上縁→腹会陰式直腸切断術(Miles手術)

低位と高位の違い

  • 切離線が腹膜反転部より高位にある場合→高位前方切除
  • 切離線が腹膜反転部より低位にある場合→低位前方切除

直腸切断術

  • 癌が肛門近く、下部腸管や肛門管に存在する場合。
  • 口側断端は人工肛門になる。

3種類ある。

  • 腹会陰式直腸切断術(Miles手術):肛門側からの手術操作を加えて切断する。通常はこれ。
  • 腹仙骨式直腸切断術:仙骨方向から郭清を行なう。
  • Hartmann手術:遺残直腸を閉鎖し、結腸口側を人工肛門とする術式。

肛門癌

  • Miles手術+鼠径部リンパ節郭清。


スポンサーリンク



関連記事はこちら