脊髄小脳変性症(Spinocerebellar degeneration:SCD)とは?

  • 小脳及び脊髄に異常があり、運動失調を来す疾患。
  • 発症は中年以降に多いが、若年発症もある。
  • 多くの進行は緩徐であり、病悩期間は10-40年と長いものが多い。
  • 3分の1は遺伝性、3分の2は非遺伝性(孤発性)。
  • 遺伝性は、原因遺伝子が40以上解明されている。日本では、SCA-3(Machado-Joseph disease:MJD)、6、31とDRPLAが多い。※SCA=spinocerebellar ataxia(脊髄小脳失調症)
  • 非遺伝性(孤発性)のうち3割は手の震え、尿失禁、失禁などが出ることもある多系統萎縮症が占める。
  • 多系統萎縮症は脊髄小脳変性症の一つであるが、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症は難病法で別々に難病に指定されている。

脊髄小脳変性症の画像所見は?

  • タイプにより画像所見は異なる。画像だけでは鑑別困難なことも多く、確定診断には、発症年齢、家族歴の聴取、出身地の確認や遺伝子診断が必要。
  • いずれの場合も小脳、脳幹の萎縮の評価が重要。
  • 小脳萎縮は小脳溝の開大として認める。正常の小脳溝は小脳上面にわずかに見える程度。これが明瞭化している場合に萎縮を考える。
  • SCA31、6、CCA:純小脳型萎縮。※CCA(cortical cerebellar atrophy):孤発性皮質性小脳変性症(皮質性小脳萎縮症)
  • SCA1、2:MSA類似の小脳、脳幹の萎縮。程度が軽度であることが多い。
  • SCA3:橋被蓋の萎縮、第4脳室前後径の拡大、上小脳脚萎縮。
  • MSA-P,C:いずれの場合も小脳、中小脳脚、脳幹の萎縮を認める。
  • MSA-P:被殻の外側凸な突出が萎縮して直線状に見える。背外側にT2WIで直線状の高信号を認める。
  • MSA-C:小脳橋底部や中小脳脚の萎縮、橋横走線維変性を反映した逆T字状もしくは十字状のT2強調像高信号化(“hot cross bun’’sign)。中小脳脚の高信号化を認める。
萎縮の局在をまず確かめ、小脳虫部上半から半球に限局していれば、頻度を考慮ししつつSCA6,31,CCAの可能性を考慮する。(よくわかる脳MRI(第4版) P575)

関連:多系統萎縮症の画像診断(MSA:multiple system atrophy)

参考:よくわかる脳MRI(第4版)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。