小脳橋角部の偽腫瘍である小脳片葉、後四角小脳(単小葉)とは?

  • 頭部CTやMRIで小脳橋角部にあたかも腫瘍のように見えてしまう偽病変がある。
  • いずれも小脳の構造の一部であり、小脳片葉(flocculus)、後四角小脳(単小葉)(posterior quandrant lobule)と呼ばれる正常構造である。
  • 中小脳脚レベルで橋と小脳の間に見られるのが後四角小脳(単小葉)であり、小脳片葉よりサイズが大きく上下にスクロールすると小脳と連続していることが分かる。
  • 一方で、下小脳脚レベルで延髄との間に見られるのが小脳片葉である。
症例 50歳代女性

中小脳脚レベルで小脳と連続する前方への突出を認めています。

これが後四角小脳(単小葉)です。

(ちなみに右内耳道内に聴神経腫瘍を疑う結節を認めています。)

相当する部位をT2WIで観察するとT2WIでも同定できます。

T2WIの方が厚みがあるため、あたかも腫瘤のように見えます。

(右内耳道内の聴神経腫瘍を疑う結節はT2WIでも同定可能です。)

次に、下小脳脚レベルで延髄との間に前方外側に突出している構造があります。

これが小脳片葉です。

相当する部位をT2WIで観察するとT2WIでも同定できます。

これらを腫瘍としないように注意が必要です。

参考:

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。