胸腺嚢胞(thymic cyst)

  • 胸腺は発生過程で尾側方向へ移動し、最終的に前縦隔に位置する。
  • 胸腺嚢胞は、この過程で遺残した組織から発生し、下頸部から縦隔上部のいずれの部位にも生じる。
  • このような先天性のものが多いが、後天性のものもある。
  • 後天性のものは悪性リンパ腫などの放射線治療後や、開胸術後、Sjogren症候群やリンパ増殖性疾患、HIV感染症などでに生じるとされる。
  • 単房性あるいは多房性とさまざま。先天性は単房性、後天性は多房性であることが多い。
  • 多房性は炎症変化に続発すると言われる。通常は無症状で男性に多い。
  • 内部は一般に漿液性。先天性の場合、ややCT値の高い軽度出血性の液体をその中に入れる。壁は薄いものが多いが、厚いものもある。
  • 鑑別は、心膜嚢胞、嚢胞変性の強い胸腺腫、成熟嚢胞性奇形腫など。

胸腺嚢胞の画像所見

  • CTでは低吸収。時に出血や感染を合併し、比較的高吸収を呈することもある。
  • 稀に嚢胞壁に沿って石灰化を認めることあり。
  • MRIでは、T1WI低信号、T2WI高信号。出血や感染を合併した場合はともに高信号を示すこともある。この場合、充実性病変と鑑別が困難な場合あり。
  • 造影効果なし。
症例 60歳代女性

前縦隔に15mm大の嚢胞性病変を認めています。

造影CTにて造影効果は明らかではありません。

手術が施行され、胸腺嚢胞と診断されました。

症例 50歳代男性

前縦隔におむすび型の嚢胞性病変を認めています。

手術が施行され、胸腺嚢胞と診断されました。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する