胸腺上皮性腫瘍(thymic epithelial tumor)とは?

胸腺上皮性腫瘍は大きく、胸腺腫と胸腺癌に分けられる。

  • 前縦隔で最多。中年以上(55~65歳)で多い。
  • 重症筋無力症、赤芽球癆を代表とした自己免疫疾患の合併が高頻度。
  • 病理学的特徴にて、WHO分類にて、
  •  胸腺腫(thymoma)・・・TypeA,AB,B1,B2,B3
  •  胸腺癌(thymic carcinoma)

の6種類に分類されている。5生率はA,AB,B1は90%以上、B2,B3は70%、癌は50%。

※このType AやBは、腫瘍上皮細胞の形態やリンパ球の占める割合により細分類される(WHO分類)。

胸腺腫(thymoma)とは?

  • 胸腺腫は縦隔腫瘍の15~30%を占め、最多。約90%は前縦隔に発生する。
  • 好発年齢は50歳台の中高年で、小児や20歳以下の若年者には稀であり、性差はない。
  • WHO病理組織分類では、腫瘍上皮細胞の形態から、type Aと type Bに分類され、type Bは異型性とリンパ球の多寡によりB1、B2、B3の3型に分類され、type Aとtype Bの両方の病理像を有するものはtype ABとされた。type A、AB、B1は低リスク胸腺腫、type B2、B3は高リスク胸腺腫であり、悪性度と相関している。

胸腺腫(thymoma)の画像所見

  • 低リスク胸腺腫では腫瘍の辺縁は平滑で、均一に造影される傾向がある。MRIで全周性に被膜が確認できることもある。
  • 高リスク胸腺腫や胸腺癌では扁平~分葉状の形態を呈し、辺縁不整で、内部の造影効果も出血や壊死、線維成分を反映し不均一になってくる。被膜が不明瞭になり、周囲組織への浸潤が認められることもある。
  • また、胸腺癌では約40%でリンパ節転移が見られ、胸腺腫では0~8%と頻度は低いと報告されている。
症例 60歳代男性 スクリーニング

単純CTで前縦隔に境界明瞭な類円形腫瘤を認めています。

内部は漿液性嚢胞としては高吸収です。

手術にて、胸腺腫と診断されました。

参考:
画像診断 Vol.31 No.1 2011 P72-73
困ったときの胸部の画像診断 P298

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら