特発性間質性肺炎総論

2013年特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonias:IIPs)は分類改訂されました。

大きく3分類して6つの病態に分けられました。つまり、

  • 慢性線維化性間質性肺炎(Chronic Fibrosing IIPs):IPF、NSIP
  • 喫煙関連間質性肺炎(Smoking Related IIPs):RB-ILD、DIP
  • 急性・亜急性間質性肺炎(Acute or Subacute IIPs):COP、AIP

に分けられました。従来あった、LIPはここからは除外されました。そして、これらは6つ等しく重要とは考えずに、頻度を知っておく必要があります。

IPF 52% >> NSIP  17%  >   COP  9%  >>その他

つまり、半分はIPF、その半分はNSIP、1割がCOP、あとはその他。という認識が重要です。

このことを踏まえた上で各論に入って行きましょう。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら