びまん性胸膜肥厚の鑑別診断

  • 胸膜炎(Tbなど感染やリウマチなど)
  • 陳旧性血胸
  • 転移性の胸膜播種。特に肺癌。
  • アスベスト以外の原因による線維性胸膜炎
  • 悪性胸膜中皮腫
  • 悪性リンパ腫
70歳代女性 結核性胸膜炎

tb

左大量胸水。縦隔偏位あり。胸膜の一部に肥厚あり。

結核性胸膜炎では、活動性肺病変を認めず胸水貯留や胸膜肥厚のみを呈する場合もあり、片側性の大量胸水では、常に結核性胸膜炎の可能性も考慮する。

限局性胸膜肥厚の鑑別診断

  • 厚い胸膜プラーク(石綿関連疾患)
  • 悪性胸膜中皮腫
  • 悪性リンパ腫
  • 孤立性線維性腫瘍(SFT:solitary fibrous tumor)
  • 被包化された胸水
  • 転移(気管支原性肺癌または乳癌由来、しばしば多発性)

※RAや胸膜プラークなら両側が多い。
※陳旧性結核性胸膜炎や陳旧性血胸ならば板状の石灰化であることが多い。
※陳旧性血胸ならば陳旧性の肋骨骨折があることが多い。

胸膜炎と胸膜腫瘍の鑑別のヒント

  • 胸膜炎の場合は、胸膜肥厚の程度が軽度で整。
  • 胸膜腫瘍の場合は、壁肥厚が厚く、不整なことが多い。(ただし結核性胸膜炎などでこのケースもあり)。さらに縦隔側の胸膜肥厚はより悪性の可能性を示唆(特に中皮腫)。造影効果があり、DWIで高信号となり、FDG集積があればより悪性を示唆。

スポンサーリンク

関連記事はこちら