主にCT画像で「free air(腹腔内遊離ガス)を見つけた!」

と思ってもairのある場所は腹腔内ではない場合があります。

そんなときは腹腔内(腹膜腔)ではなくその外の腹膜外腔に存在していることがあります。

今回はそんな、腹膜外腔とはどんなスペースで、どのような病変の分布を示すのかについてまとめました。

腹膜外腔とは

  • 腹膜外腔は下図の黄色い間隙。前方は腹膜前腔、背側は後腹膜腔、下方は腹膜下腔と呼ばれる。中でも後腹膜腔はなじみが深い。
  • 多くの血管、筋膜、靭帯、神経などが走行しており、通常は脂肪組織が間隙を埋めている。従って、この中に迷入した空気などは、これらの組織をかき分けて広がることになる。

extraperitoneal

ここまでわかる急性腹症のCT (荒木力先生 メディカル・サイエンス・インターナショナル)P191を参照に作図。

症例 80歳代 女性(腹水により腹膜外腔と腹膜腔の境界が明瞭化)

saggitalascites

腹水により腹膜外腔と腹膜腔の境界が明瞭化しています。

症例 70歳代男性(腹膜外腔に沿って血腫の進展)

extraperitoneal

左の腹直筋から腹膜外腔沿いに尾側に向かって血腫の進展あり。

あくまで血腫は腹膜外腔に存在し、腹腔内には存在しない。

こちらもどうぞ→骨盤骨折に伴う後腹膜血腫の症例

腹膜腔内にfree airの出現しない消化管穿孔

  • 後腹膜への穿孔
  • 腸間膜内への穿孔
  • 上・下結腸の背側への穿孔
  • 十二指腸、下部直腸など後腹膜腸管の穿孔

参考)医原性大腸穿孔

  • 内視鏡検査や注腸造影に伴う大腸穿孔。
  • 内視鏡検査の0.1%、注腸造影の0.04%。
  • 治療:
    ①腹膜腔への穿孔→手術による修復、洗浄
    ②腹膜外腔への穿孔→範囲によっては保存的

参考)ここまでわかる急性腹症のCT (荒木力先生 メディカル・サイエンス・インターナショナル)



スポンサーリンク



関連記事はこちら