圧迫骨折と破裂骨折の違いは?なんでも圧迫骨折にしてしまいがちですが、実は異なるものです。

今回は、圧迫骨折と破裂骨折の違いについて図と実際のCT画像を交えてまとめました。

圧迫骨折と破裂骨折の違いは?

圧迫骨折と破裂骨折の違いを知る上で、DenisのThree column theoryを理解することがまずは重要です。

Denisのthree column theoryとは?

Denis three column theory

  • 1983年にDenisにより脊柱を3つの構成要素に分類した、three column theoryが提唱された。
  • 椎体を前柱(anterior column)、中央柱(middle column)、後柱(posterior column)の3つに分け、中でも中央柱が重要であり、ここに外傷が及ぶものは不安定骨折と分類した。
  • またこれに基づき、胸腰椎損傷を圧迫骨折、破裂骨折、Chance骨折、脱臼骨折の4カテゴリーに分類した。
three column theoryにそれぞれ含まれる解剖
  • 前柱:前縦靭帯、椎体前1/2、椎間板前1/2
  • 中央柱:椎体後1/2、椎間板後1/2、後縦靭帯
  • 後柱:椎間関節、関節包、黄色靭帯、棘突起、棘上・棘間靭帯

 

では、まずは圧迫骨折からみていきましょう。

圧迫骨折(compression fracture)

  • 脊椎の上下方向に外力が加わると、椎体がつぶれて起こる。
  • 椎体前方部の骨折で、後方部は温存され、楔型を呈する。
  • 骨粗鬆症が基礎にあると起こりやすい。

compressionfracture1

上のように胸腰椎は前柱・中央柱・後柱の3つの柱(column)に分けられ、これをDenisのThree column theoryと言います。

圧迫骨折はこのうち主に前柱のみが損傷を受け、安定損傷に分類されます。

図のように椎体の後縁の高さは保たれたまま楔状に変形しますが、骨粗鬆症による圧迫骨折の場合は、魚椎様変形、扁平化をきたすことがあります。

次に破裂骨折です。

破裂骨折(burst fracture)

  • 強い外力(墜落や交通外傷)が加わると破裂骨折をきたす。
  • 垂直方向(軸方向)に外力が加わって生じる。
  • 椎体後方部の皮質骨の破壊、高さの減少、骨折の脊柱管への陥入(椎体後壁の背側突出)、片側または両側の終板の損傷などが見られる。
  • 当然、圧迫骨折より不安定であり、圧迫骨折を安定型、破裂骨折は不安定型と呼ばれる。また圧迫骨折がその後、後方に及んで破裂骨折化することもあり。
  • Denis分類において前柱(anterior column)および中央柱(middle column)の損傷を伴う不安定型損傷であるため手術の適応となる。

burstfx

破裂骨折の場合は、前柱だけではなく、中央柱にも損傷が及ぶことが特徴です。

中央柱から遊離した骨片が脊柱管に突出して、脊柱管狭窄をきたすことがあります。

▶︎5つのタイプに分けわれる。

  • type A:椎体の上下の終板が骨折し、上下端で骨折が脊柱管に陥入
  • type B:上方の椎体終板の骨折。最多。
  • type C:下方の椎体終板の骨折
  • type D:回旋破裂骨折。椎弓根間距離の拡大、椎体の粉砕、椎弓の垂直骨折。骨片の脊柱管への陥入、椎体後方の高さの減少。
  • type E:側方破裂骨折。椎弓根間距離の拡大がある点で、側方圧迫骨折と区別される。

 

症例 70歳代女性 腰椎L1破裂骨折

burst fracture

L1に水平方向に骨折線あり。椎体背側にまで骨折線はおよび、椎弓には及ばない。

破裂骨折の所見です。

症例 20歳代男性 腰椎L3破裂骨折

burst fracture CT findings

L3に水平方向及び垂直方向に骨折線を認めています。

椎体の後縁まで骨折線は及んでおり、脊柱管狭窄を認めていますが、椎弓には及んでおらず。

L3の破裂骨折と診断されました。

この破裂骨折の様子を動画で見てみる。

では、次の症例です。
症例 70歳代男性 5mの高さより転落

burst-fracture-ct-findings

L3に水平方向及び垂直方向に骨折線あり。骨折の脊柱管への陥入(椎体後壁の背側突出)、片側または両側の終板の損傷が見られます。

椎体後縁(背側)にまで骨折線は及んでいます。

矢状断像では一見、椎弓に骨折線が及んでいないように見えます。

しかし横断像では垂直方向に骨折線が多数あること、及び骨折に伴い脊柱管狭窄が生じていること、さらには左の椎弓にも骨折線があることがわかります。

骨折線はthree column theoryの前柱(anterior column)、中央柱(middle column)、後柱(posterior column)にも及ぶ。

これらから破裂骨折と屈曲伸展損傷の複合型損傷(combined flexion-distruction injury and burst fractture)の所見。

3領域に骨折を認める極めて不安定なタイプです。

ちなみに、後柱と中央柱に損傷を起こした場合、

  • 骨性要素のみを損傷するタイプ
  • 靭帯要素のみを損傷するタイプ
  • 両方の要素を損傷するタイプ

に分けられ、骨性要素のみを損傷するタイプをChance骨折と呼びます。

まとめ

まとめると
  • 椎体腹側部分の骨折→圧迫骨折
  • 椎体背側部分の骨折→破裂骨折
  • 水平骨折で椎体から椎弓部分にまで骨折線が及ぶ→Chance骨折(屈曲伸展損傷によって起こる)

関連記事)



スポンサーリンク



関連記事はこちら