卵巣甲状腺腫(struma ovarii)

卵巣甲状腺腫1

  • 単胚葉性奇形腫。
  • 成熟奇形腫に甲状腺成分が含まれることがある。このうち、腫瘍全体もしくは肉眼で認めるような広範囲を占めるものを、卵巣甲状腺腫(struma ovarii)という。
  • 奇形腫全体の2.7%と稀。
  • 閉経前の中年女性に好発(平均44歳)
  • 95%が良性なので術前に診断される意義は大きい。
  • ホルモンを産生し、甲状腺機能亢進症を生じる頻度は低い。

卵巣甲状腺腫の画像所見

  • 多房性嚢胞性腫瘤+充実部、いわゆるstained glass appearanceを示す。嚢胞が寄り集まったような多嚢胞性腫瘍(個々の嚢胞が丸く、境界明瞭)。
  • 甲状腺コロイドを反映し、T1WI低〜軽度高信号、T2WI低信号、単純CTで高吸収(ヨードを含有するため)
  • 単純CTで高吸収を示し、比較的頻度の高い石灰化と合わせ、診断の鍵となることがある。
  • T2WIにて著明な低信号を呈する嚢胞を含むことが多い。出血や甲状腺コロイドによる蛋白濃度・粘性の高さを反映したものと考えられている。
  • 充実成分を比較的豊富なことが多く、造影剤で増強されるhypervascular tumorである。
  • I131シンチグラフィにて集積を認めた例が報告されており、鑑別診断に有用な場合があると考えられる。

鑑別診断

  • 粘液性嚢胞腺腫をはじめとする、stained glass appearanceを呈する腫瘍すべて。ただし、頻度は圧倒的に粘液性嚢胞性腺腫が多い。
  • 逆に、頻度は少ないが、stained glass appearanceを見たときに本疾患を鑑別に挙げられるかが重要。
  • よくenhanceされ、CTで高吸収の充実性部分を含む場合には、卵巣甲状腺腫を考慮せよ。


スポンサーリンク



関連記事はこちら