急性副鼻腔炎(acute sinusitis)

  • 感染と急性炎症症状(疼痛、発熱、膿性鼻汁など)が主体、1ヶ月以内に消退
  • 上顎洞で最多、自然孔付近の粘膜浮腫、炎症。
  • 多くは偏在性(アレルギー性は両側対称性)

shizenko

参考)http://jibika.exblog.jp/18172655/

画像所見

  • 液面形成、air-bubble,一側性の洞粘膜肥厚。
  • 造影CTで骨→粘膜下浮腫→造影される粘膜→液体貯留による層状構造。
  • 副鼻腫内洗浄後は数日液面形成あり注意をする。
  • 乳幼児の場合は正常でも含気がみられない場合があり、液面形成がない場合の評価は慎重に。
  • 常に眼窩や頭蓋内への炎症波及や合併症に注意する。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。