神経鞘腫(schwannoma)

・高頻度に遭遇する軟部腫瘍の1つ。

・Schwann細胞への分化を示す腫瘍。

神経束に沿う

・時に多発。neurofibromatosis type2など。

辺縁平滑な類円形腫瘤で被膜を有する

・脊髄神経根に発生する場合は、硬膜内が70%、硬膜内外が15%、硬膜外が15%の頻度で、硬膜内外へ進展する場合は、ダンベル型を呈するのが特徴。
参考記事)脊椎(椎体、脊髄)のダンベル型(鉄亜鈴型腫瘍)の鑑別診断

Antoni A Antoni B
特徴 細胞豊富 粘液基質
部位 中心部 辺縁部
T2WI やや高信号 著明に高信号
造影 著明に造影される 遅れて造影される。

※Target sign, Peripheral myxoid hale signなどと呼ばれる。

※Target signはもともと神経線維腫に特徴的とされていたが神経鞘腫でもあり。

粘液基質を有する軟部腫瘍

良性腫瘍
神経鞘腫
・筋肉内粘液腫など

悪性腫瘍
・粘液/円形細胞型脂肪肉腫
・粘液型軟骨肉腫
・粘液線維肉腫など

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。