神経核内封入体病(NIID:neuronal intranuclear inclusion disease)とは?

  • 2011年の日本神経放射線学会のMRI所見の発表以来、高率に存在する白質脳症として重要な鑑別疾患となった。
  • HE染色においてエオジン好性に染色される核内封入体が中枢・末梢神経の神経細胞や一般臓器の細胞の核内に広く認められる神経変性疾患。
  • 皮膚生検が有用。
  • NOTCH2NLC遺伝子上にGGCリピート配列の延長が原因。
  • 発症は幼児期から高齢者まで広範。
  • 孤立性、家族性の報告あり。
  • 症状は物忘れ、運動失調、自律神経障害(縮瞳や膀胱機能障害)が典型的だが、意識障害や全身性痙攣など多彩。
  • 経過中に、階段状悪化を生じる。
  • 脆弱X関連振戦/運動失調症(fragile X-associated tremor/ataxia syndrome:FXTAS)が臨床、画像、病理学的所見が類似して鑑別に苦慮することがある。

神経核内封入体病(NIID)の画像所見

  • DWIで皮髄境界の高信号が遷延する。(認めない症例もある。)
  • T2WI、FLAIRで癒合傾向のあるびまん性の白質異常信号を認める。
  • 脳幹、小脳歯状核周囲、中小脳脚にもT2WI,FLAIRで高信号を認めることがある。
  • 小脳虫部辺縁の高信号はparavermal signと呼ばれる。

参考文献:

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。90症例以上あり、無料なのに1年以上続く講座です。10,000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。