下顎骨骨折のCT画像診断と分類

  • 顔面骨骨折において鼻骨骨折に次いで頻度が高く、孤立性あるいは他の顔面骨骨折と併せて生じる。
  • 原因としては暴行、交通外傷が多く、その他として落下、スポーツ外傷など。
  • 20-30歳代の男性に多い。
  • 骨折部位としては関節突起、角部、体部で特に多い。
  • 関節突起部の骨折では偏位を示す例では顎関節により高度の障害を起こすことがある。
  • 咬合不全の回復が骨折修復治療の目的となる。

下顎骨骨折の分類

下顎骨骨折は上のように分けられ、中でも

  • 関節突起
  • 角部
  • 体部

の骨折の頻度が高いと報告されています。

 

参考文献:

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら