尿管結石と静脈石の鑑別方法として、soft tissue rim sign,comet signが知られています、このサインなかなか分かりにくいのが現実です。

関連:尿管結石の症状、CT画像診断のポイントは?

そこでウインドウ幅やウインドウレベルを変更して両者を鑑別する方法を紹介したいと思います。

結石の形態による鑑別

尿管結石は、もともとは腎臓内で形成された腎結石が、尿管に落石したものです。

腎臓内で形成される原因としては、長期にわたる尿の停滞や慢性感染があります。

慢性的に結晶化・凝集を繰り返して増大するため、尿管結石の多くは針状結晶、もしくは多数の凹凸を表面にもつ不整形な形態をとります。

一方で、静脈うっ滞などにより静脈壁に生じた血栓を核として、同心円状に層状の石灰沈着や膠原繊維束形成を繰り返すため、特有な球状結石が形成されます。

この中心部の血栓の部分はほとんどが中心透亮像を示します。

ですので、ウインドウレベル/幅を調節して、

  • 凹凸不整で中心部に透亮像がない→尿管結石
  • 球形でかつ中心部に透亮像がある→静脈石

と鑑別することができます。

CT値による鑑別はできる?

主な尿路結石の成分と平均CT値は以下の様に報告されています。

結石の種類 平均CT値(HU
シュウ酸カルシウム結石 1500
リン酸カルシウム結石 1500
リン酸マグネシウムアンモニウム結石 1000~1100
シスチン結石 700~900
尿酸結石 350~600

1)P106表を引用。

一方で、静脈石の主成分はハイドロキシアバタイトとする報告が多く、概ね1200HU以上の高いCT値を呈するため、CT値による両者の鑑別はできません

結石の発生部位による鑑別

骨盤部の静脈石は、直腸、膀胱、前立腺、子宮、膣など骨盤底部の臓器周囲の静脈叢に多く生じます。

骨盤底部の静脈叢は、臓器周囲の蔓状管構造として同定され、部位による静脈石の識別は比較的容易ですが、静脈石は精巣・卵巣静脈内にも生じることがあり、尿管と近接した位置であれば単純CTでの鑑別が難しいことがある点に注意が必要です。

 

参考文献:

1)ビギナーのための腹部画像診断 (画像診断 Vol.41 No.4 増刊号2021)P106-108

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。