腹部のエコーやCTにおいて、

「水腎症あり。」

と報告されることがありますが、この水腎症(hydropnephrosis)とは一体どういった状態なのでしょうか?

また、どんなことが原因で水腎症が起こるのでしょうか?

今回は水腎症についてまとめてみました。

水腎症とは?

何らかの原因で、腎盂の尿流がうっ滞して、中枢側の内圧が上昇した状態を水腎症と言います。

尿路通過障害のため、腎盂〜腎杯が拡張して、その内圧により

  • 腎血流低下
  • 尿産生低下
  • 腎実質の萎縮

が起こり、慢性例では機能的・形態的に異常を来します。

ただし、小児で見られる巨大尿管・巨大腎杯症は、腎機能は基本的に保たれており水腎症とは言わない。

 

水腎症の原因は?

  • 機械的閉塞
  • 機能的閉塞

に大きく分けられます。

機械的閉塞とは、何らかの原因で物理的に狭窄〜閉塞を来すもので、

  • 尿路内の占拠性病変(結石、尿路腫瘍など)
  • 周辺臓器からの浸潤(子宮頚癌、結腸癌、後腹膜線維症など)
  • 先天奇形(先天性水腎症、馬蹄腎、腎盂尿管移行部狭窄、尿管位置の異常、下大静脈後尿管など)
  • 泌尿生殖器結核

といった原因があります。

一方で、機能的閉塞では、

  • 尿管膀胱逆流
  • 神経因性膀胱

が主な原因となります。

水腎症の画像所見は?

水腎症の画像所見は、急性期と慢性期で異なります。

急性期では、

  • 腎実質の造影効果の低下
  • 尿路への造影剤排泄遅延
  • 腎周囲の脂肪織濃度上昇
  • 腎周囲筋膜(Gerota筋膜)の肥厚

といった所見を認めます。

一方、亜急性期から慢性期になると、腎盂腎杯が拡張し、慢性期には、腎実質が萎縮します。

 

参考文献:
画像診断 Vol.32 No.5 2012 P410-413

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。
【DICOM買い取ります!】 お持ちの典型的で教育的なDICOMデータを買い取ります。 詳しくはこちら