下大静脈後尿管(retrocaval ureter)

  • 右側の尿管が下大静脈の背側を走行し、内前方に出たあと、下大静脈の前内側に沿って下降する先天異常。下大静脈の発生異常が原因。
  • 屈曲部より近位部の右腎盂と上部尿管が拡張する。
  • 尿管はL3の高さでS状に走行する。
  • 尿管が単に下大静脈の後方に位置するだけではなく、部分的に取り囲むので、circumcaval ureterと呼ばれる。
  • 男女比は3:1。
  • 10-30歳代で発見されることが多い。
  • 尿管閉塞による側腹痛や水腎症、感染を合併したり、尿管結石を合併することあり。
  • 検診で水腎症で偶然発見されることもある。
  • ただし、必ずしも尿管の狭窄〜閉塞を合併するわけではない。

下大静脈後尿管の画像診断

  • 右尿管の内側偏位と水腎症を認める。
  • 尿管の狭窄〜閉塞を合併する場合は、排泄性尿路造影では、上部尿管の拡張とその先端の釣針様変形を認める。
  • CTでは、右側尿管がL3椎体レベルで下大静脈の背側を走行することが確認できる。尿管が造影剤で満たされる排泄相で撮影する。

下大静脈と右尿管の続きをシェーマで表すと以下のような位置関係である。

retrocaval ureter

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。