前大脳動脈(ACA:anterior cerebral artery)には複数の破格・正常変異が知られています。

ただし、細かく覚える必要はないのではないかと個人的には思います。

  • 1本のことも3本のこともある。
  • 窓形成を来すことがある。

と言う程度でまずは理解しましょう。

前大脳動脈の破格・正常変異

頻度の多い前大脳動脈の破格・正常変異には以下のものがあります。

  • 前大脳動脈窓形成
  • 重複前交通動脈
  • 部分的重複前交通動脈
  • 前交通動脈窓形成
  • 奇前大脳動脈
  • 両側半球前大脳動脈
  • 三分岐前大脳動脈

です。

Willis動脈輪から両側の前大脳動脈A1、A2、前交通動脈(Acom)のみを取り出してこれらの変異を見てみると次のようになります。

前大脳動脈窓形成

前大脳動脈のA1に窓形成を認めるものです。

症例 60歳代女性

左の前大脳動脈A1に窓形成を認めています。

また右の椎骨動脈の末梢を認めず、後下小脳動脈(PICA)で終わっており、いわゆるPICA end、PICA terminalを認めています。

関連:椎骨動脈の破格・正常変異とは?低形成とは?

 

重複前交通動脈

前交通動脈を2つ認めるものです。

部分的重複前交通動脈

前交通動脈が部分的に重複して2本あるものです。

前交通動脈窓形成

前交通動脈に窓形成を来したものです。

奇前大脳動脈

前大脳動脈のA2が1本で、左右前大脳動脈の全ての枝を栄養しているものです。前交通動脈は存在しません。

両側半球前大脳動脈

前大脳動脈のA2は2本ありますが、左右非対称で発達した一側のA2が大部分を栄養しているもの。

三分岐前大脳動脈

本来2本である、前大脳動脈のA2以降に相当する血管が3本あるものです。

症例 60歳代男性

前大脳動脈のA2が3本存在しており、三分岐前大脳動脈の所見です。

 

参考文献:知っておきたい頸部~頭部動脈破格 MRAとCTAの読影が楽しくなる!  P106-121

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。