大理石骨病

  • 破骨細胞の機能不全により一次海綿骨の吸収障害を生じ、びまん性の骨硬化を生じる疾患。
  • 乳児型と成人型に分けられる。
  • 乳児型は常染色体劣性遺伝、成人型は常染色型優性遺伝。
  • 貧血、易感染性が典型的臨床像。
  • フッ素中毒と同じように、骨硬化を示すのに骨は脆弱で、易骨折性。骨折は横骨折が多い。

乳児型の画像所見

  • 骨のびまん性硬化像を示す。長管骨では骨幹端がラッパ状の形状を失い三角フラスコ型(Erlenmeyer flask)となる。
  • 椎体では骨の中に小さな骨が埋まっているように見える骨内骨陰影(bone-within-bone)を示すことがある。
  • 頭蓋骨は肥厚し、副鼻腔や乳突蜂巣は発達不全きたす。

成人型の画像所見

  • 指骨の骨幹端直下に横走する透亮像を認めることあり。
  • 腸骨稜の直下に弧状の透亮像を認めることがある。
硬化性骨異形成症
  • 大理石骨症
  • メロレオストーシス
  • 濃化異骨症
  • 進行性骨幹異形成症(Engelmann病)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。