円形無気肺(round atelectasis)

  • 肺が限局的に虚脱し、肥厚した臓側胸膜が肺側に折れ込んだもの。
  • 胸水貯留によるものや胸膜の病変に関連することが多く、虚脱が残ってしまうもの。
  • 原因は、結核性胸膜炎、アスベストーシス、石綿胸水、その他の非特異的胸膜炎などの胸膜病変後。
  • 心不全や尿毒症による胸水貯留、胸部外傷でも起こることがある。
  • 男性に多い傾向あり。
  • 好発部位は、肺の背側側、傍脊椎領域、特にS10に多い。
  • 両側のこともある。

円形無気肺の画像所見

  • 円形あるいは類円形の腫瘤影を形成する。
  • 胸膜肥厚を伴うことが多い。
  • 胸水の既往があることが多い。
  • 無気肺部に向かって近くの気管支と動脈が、弯曲するcomet-tail sign(彗星の尾に似ている)を認めることあり。
症例 80歳代男性

round-atelectasis

左下葉にcomet tail signを有する腫瘤影あり。経時的に変化を認めておらず、円形無気肺としてフォローされています。

この症例を動画でチェックする。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。