肺塞栓症のX線所見として

  • knuckle sign
  • Westermark sign

が挙げられます。

knuckle sign

肺塞栓症において拡張した肺動脈径。

中枢側肺動脈が急激に細くなり途絶して見えること。

knucle-sign

Westermark sign

塞栓部以下の肺野の透過性が亢進すること。ごく軽度で読影困難なことが少なくない。

症例 60 歳代の女性。急激な呼吸困難で来院した。

knuckle sign

2008年放射線科診断専門医試験問題30番より引用。

左ではわかりにくいが、右では中枢肺動脈の拡張がみられる→knuckle sign
患側部左肺の透過性は亢進している→Westermark sign

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら