Sponsored Link

ラトケ嚢胞(Rathke cyst)

・腺性下垂体の原基となるラトケ嚢内腔のRathke裂(cleft)が閉鎖せず、出生後も遺残した非腫瘍性の嚢胞。

・健常例の3.7%に2mm以上のRathke嚢胞が認められる。

・剖検の13-22%に認める。

・画像上、辺縁平滑で境界明瞭な嚢胞で、通常は5〜15mmの大きさであるが、しばしば鞍内から鞍上部へ進展する。

・無症状が多い、時に視力・視野障害・神経内分泌不全症状あり。

下垂体前葉と後葉の間に存在する、時に鞍上部

画像所見

▶MRI所見:

・内部の蛋白濃度に応じてさまざまな信号を呈し、経過観察中に嚢胞の信号変化を認めることもある。内部は不均一なこともある。

T2強調像では70%が高信号を示す。

・嚢胞壁は1層の上皮細胞であり、増強効果はない。辺縁部に増強効果がみられることがあるが、多くは圧排された下垂体に相当する。また慢性炎症の合併など。

・半数以上の症例で、内部に増強効果のない嚢胞内結節が認められ、T1強調像で高信号、T2強調像で低信号を示す(嚢胞内にT2強調像低信号の物質を認めるのがかなり特徴的。これを充実成分と間違えないように!!Waxy nodule)。嚢胞内容が濃縮・凝固したものと考えられ、Rathke嚢胞に特徴的な所見である。

・嚢胞壁の石灰化が10~15%に認められる。

・嚢胞壁は一層の上皮細胞で構成、原則として増強効果なし。(逆に嚢胞壁が増強されたら、周囲の正常下垂体組織、慢性炎症の合併を考える。)

Sponsored Link

症例 15 歳の女子。3 日前から頭痛。

Rathke cyst2013年放射線科診断専門医試験問題14より引用。

トルコ鞍内で下垂体前葉と後葉の間にT1WIで高信号、T2WIで高信号の内部に低信号の分葉構造を有する。ラトケ嚢胞を疑う所見。

症例 60歳代女性 頭痛

Rathke cleft cyst(放射線科診断専門医2009年7番より引用。)

トルコ鞍内にT1WIにて高信号、T2WIにて淡い低信号の腫瘤あり・左側にはやや低い信号が目立つ。造影にて辺縁造影効果ありか。T1WIにて背側に後葉を疑う高信号あり。ラトケ嚢胞を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら