急性好酸球性肺炎とは?(AEP:acute eosinophilic pneumonia)

  • 若年者に多い。
  • 急性の発熱、呼吸困難、乾性咳嗽(7日以内の経過)を呈し、重篤な低酸素血症を伴う。
  • BALFにて好酸球増多(25%以上)、CRP↑
  • ほとんどの症例で2週間以内に喫煙を開始した既往があり、煙草に含まれる物質へのアレルギー反応。煙草以外も原因になり、特発性もある。ミノマイシンも有名。
  • ステロイドが著効し、慢性化することはほとんどなくCEPとは異なる疾患と考えられる。

急性好酸球性肺炎(AEP)の画像所見は?

▶CT所見:

  • CEPと異なりランダムに分布。肺の内層優位に分布する。(これは、外層では、求心性と遠心性の2方向へのリンパ流があり、内層に比べてより速やかに滲出液が除去されるため。肺胞性肺水腫と同様の機序。)
  • びまん性すりガラス影(なので、ウイルス性肺炎との鑑別に挙げられる。)と広義間質肥厚(小葉間隔壁の肥厚。気管支血管束の肥厚)が特徴。これに加え、結節影や小粒状影を伴うことが多い。
  • 肺胞壁や肺胞内への浸潤や浮腫→GGO、consolidation、胸水貯留。
  • この他にも多彩な所見を呈する。胸水貯留、リンパ節腫大。
症例 10 歳代後半の女性。2 日前から発熱と咳嗽。20 日前から喫煙を開始している。

acute eosinophilic pneumonia2014年放射線科診断専門医試験問題30より引用。

びまん性に小葉中心性に結節影〜斑状影あり。葉間胸膜にも病変は及んでおり、BVBの肥厚あり。喫煙を開始したというエピソードからも急性好酸球性肺炎が疑われる。



スポンサーリンク



関連記事はこちら