Sponsored Link

結核の中枢神経病変

・結核患者の2〜5%にみられ、特にAIDSの結核患者には10%にみられる。

・他の日和見感染症に比べてCD4陽性リンパ球数が保たれている初期に発症する傾向あり。

・40%では脳以外にTbcがない。

・中枢神経病変としては①髄膜炎、結核腫、脳膿瘍、肉芽腫、血管炎を生じる。動脈が侵されると梗塞をきたすこともある。

・症状としては髄膜炎により頭痛、発熱、意識障害などを呈する。また結核腫により痙攣や頭蓋内圧亢進症状をきたす。

・多発のときは転移性脳腫瘍に類似(ともに皮髄境界:corticomedullary junction)

①結核性髄膜炎

脳底槽髄膜炎(脳底槽の軟膜優位(PS pattern)の増強効果)の頻度が高く、交通性水頭症を起こしやすい。

硬膜炎は軟髄膜炎と併せてみられ、局所性かつ結節状の硬膜増強効果(en plaque tuberculoma)を呈しすることあり。

・動脈炎による脳梗塞を合併することあり。

結核性髄膜炎の画像所見

・MRIでは脳底槽がT1強調像で等信号、T2強調像、FLAIR像で高信号を呈する。

FLAIR像にて脳溝が高信号となる場合もある(FLAIR sulcal hyperintensity)。

造影では脳底槽やSylvms裂の増強効果がみられる。

症例

tb

AJNR 18:909-913,1997より引用

②結核腫

・肉芽腫は頭蓋内病変としては最も多い。

・皮髄境界や脳室近傍に好発するため転移性脳腫瘍と鑑別困難なことがある。

・10~30%で多発する。

造影にて輪状・結節状の増強効果を受ける。慢性期には石灰化を呈する。

・非乾酪性→充実性乾酪性→液化乾酪性結核腫の時期がある。非乾酪性期には均一な増強効果。液化乾酪性期では輪状増強効果

・MRIでは経時的に、T2強調像で高〜等信号。やがて辺縁が低信号となる。

症例

Tb2

Multiple tuberculomas with meningitis.

C, On MT-SE T1-weighted image, the lesions have a hyperintense rim with subtle central hypointensity. A focal area of meningeal hyperintensity is apparent in the left parietal region (arrow).

D, Both lesions show enhancement on postcontrast MT-SE T1-weighted image. A cortical enhancing lesion is only visible on this sequence (arrow).

AJNR 20:867-875,1999より引用

③その他

結核性血管炎→脳梗塞を起こすことがあり、穿通枝領域やMCA領域に多い。

結核膿瘍は、他の膿瘍同様にDWIで高信号。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら