血管周囲腔(Perivascular space)とは?

  • 髄質動脈の血管拍動の影響により、周囲が拡大したものを血管周囲腔という。
  • 大脳白質(前頭葉、頭頂葉)、基底核、海馬、中脳に好発する。
  • 正常変異であり、脳梗塞との鑑別が問題になることがある。

血管周囲腔のMRI画像所見

  • 辺縁明瞭、整形で均質、通常大きさが3〜5mm未満
  • 穿通動脈や髄質動静脈の走行に沿う。
  • 穿通枝領域などでは、時に内部に血管構造を確認することができる。
  • T2強調像で高信号、T1強調像で等〜低信号、FLAIRで等〜低信号で、辺縁に高信号を伴わない。
  • 血管周囲腔の拡大が集簇して、基底核全体にびまん性に淡い高信号=etat cribleと表現される。
  • 海馬では側脳室下角内側の歯状回とアンモン角CA1の間に好発する。しばしば多発性、両側性
症例 60歳代女性 スクリーニング

Perivascular space mri findings

左基底核下部にT2強調像で類楕円形の高信号あり。

MRAの元画像で内部に血管の走行を認めています。

典型的な血管周囲腔の所見です。

内部に血管が走行している様子を動画でチェックする。

この症例をチェックする→60歳代女性 左基底核下部にやや目立つ血管周囲腔あり。

同じように、血管周囲腔が目立つ症例→60歳代男性 右基底核下部に、血管周囲腔が目立つ。

 

ラクナ梗塞との鑑別方法

ラクナの場合、辺縁にFLAIRやT2強調像で信号上昇あり。

血管周囲腔ではなし。

また、血管周囲腔は被殻の下1/3に分布、ラクナ梗塞は上2/3に分布することが多い。

基底核下1/3、特に前交連外側の被殻外側下方では、5mmを超えることが少なくない。

 

症例 80歳代女性 陳旧性脳梗塞と血管周囲腔が同じスライスである症例。

perivascular space

血管周囲腔の鑑別診断

ラクナ梗塞 白質病変 血管周囲腔
T1強調像 低信号 等〜低信号 等〜低信号
T2強調像 明瞭な高信号 高信号 高信号
FLAIR 等〜高信号時に、低信号 明瞭な高信号 等〜低信号
周囲 T2WI,FLAIRにて不規則な高信号 周囲に高信号を伴わない。
その他 最大径3mm〜15mm 3mm以下
T2強調像でちょっとでも高信号を見ると、すぐに梗塞とレポートしてはいけません。FLAIRで高信号で、T1強調像で明瞭な低信号でない場合はleukoaraiosisとしましょう。
放線冠や半卵円中心などで血管周囲腔が目立つ症例(70代女性)

perivascular space perivascular space1

動画でチェックする

etat cribleの症例
etat crible

動画で学ぶetat crible
遺残海馬溝が見える症例

海馬では側脳室下角内側の歯状回とアンモン角CA1の間に好発する。しばしば多発性、両側性。=遺残海馬溝

emptysella

動画で学ぶ海馬溝遺残


スポンサーリンク



関連記事はこちら