前頭骨内板肥厚(hyperostosis frontalis interna)とは?

  • 頭蓋骨は皮質を外板と内板にわけ、間にある海綿質の部分を板間層というが、このうち内板のみに凸レンズ状の肥厚を認めるもの。
  • 中年以降の女性に生理的に見られることがある。
  • 15%程度に見られるとされる。
  • 原因や発生機序は不明だが、エストロゲン曝露期間延長が関与するとされる説もある。
  • 内板に限定し、男性にはほとんど見られない。
  • 通常無症状であるが、時に頭痛、脳萎縮、髄膜刺激症状、肥満、糖尿病、気分障害、パラノイアなどを合併するとされる。
症例 80歳代 女性

両側前頭骨内板に肥厚を認めています。

前頭骨内板肥厚(=内前頭骨過骨症)の所見です。

参考文献:臨床画像 Vol.33,No.10,2017 P1234-1235

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら