ヘモクロマトーシス(Hemocromatosis)

  • 遺伝性疾患の鉄過剰症(腸粘膜からの鉄の過剰吸収)をヘモクロマトーシスとし、その他は二次性鉄過剰症とされる。
  • 二次性鉄過剰症の原因は、頻回輸血、過剰な鉄剤投与、無効造血を伴う貧血など。
  • 鉄過剰症は、多臓器(肝、脾、骨髄、膵、腎臓、心臓、関節、皮下、精巣、下垂体など)に鉄沈着を来す。
  • いずれも肝硬変、糖尿病、皮膚色素沈着、心不全の原因となる。

ヘモクロマトーシスの画像所見

  • 肝臓CT値の上昇(75-130HU以上)。エコーでは高輝度になる。
  • T2WI(T2*WI)の肝臓の信号低下
  • 鉄沈着は脂肪と逆でout of phaseからin phaseにかけて信号低下を認める。
  • 膵の信号は原発性と二次性の鑑別には役立たない。

 

症例 60歳代 男性 ヘモクロマトーシスでフォロー

hemocromatosis-001

Out of phaseからIn phaseにかけて、肝臓の低信号がびまん性に増強している(全体的に黒くなっている)。肝臓にびまん性の鉄の沈着を示唆する所見であり、ヘモクロマトーシスに矛盾しない所見です。

症例 60 歳代の男性。検診で肝機能障害を指摘。

Hemocromatosis2011年放射線科診断専門医試験問題59より引用。

out→inで信号低下しており、肝臓実質への鉄沈着が示唆される。


スポンサーリンク



関連記事はこちら