大網捻転(omental torsion)

  • 大網の一部あるいは全体がその長軸方向に捻転し、急性腹症をきたしうる比較的まれな疾患。
  • 女性より男性でやや多い。
  • 30-60歳に見られることが多い。
  • 8割の症例で 37度以上の発熱あり、血液検査では炎症反応の上昇を認める。
  • ビリルビンが軽度上昇することも指摘されており、捻転した大網内の出血が溶血するためと考えられている 。
  • 特発性と続発性あり。続発性が多い。
  • 続発性の原因は、分裂した大網の正常変異と関連していることが多く、小児に多い。
  • 他には、嚢胞や腫瘍、炎症部、術後瘢痕、鼠径ヘルニアとの癒着、外傷と関連し、成人に見られる。
  • 大網は右側で長く自由度に富むため、捻転は右(右半結腸腹側)に多い。そのため虫垂炎と診断されることが多い。
  • 右では時計回り、左では半時計回りが多い。
  • 治療は保存的。

大網捻転の画像所見

  • 大網脂肪織の吸収値が上昇し、その中に渦巻き状の層状構造(spiral fat pattern,whirl sign)の構造を認める。
  • これは、捻転に伴う脂肪織の浮腫や拡張した小血管を反映している。
  • 消化管は巻き込まれないので、腸管拡張や壁肥厚を認めることは少ない。
症例 30 歳代の男性。腹筋運動後に生じた腹痛。

omental torsion CT2011年放射線科診断専門医試験問題47より引用。

右下腹部に渦状の脂肪織濃度上昇あり。大網捻転を疑う所見。

症例 9 歳の男児。昨日から右下腹部痛。

omental torsion2013年放射線科診断専門医試験問題59より引用。

肝下縁に円形の脂肪織あり。周囲濃度上昇あり。大網捻転を疑う所見。

動画で学ぶ大網捻転

▶キー画像

omentaltorsion1 omentaltorsion2

鑑別診断

▶結腸周囲の脂肪織濃度上昇としての鑑別

・急性虫垂炎
・憩室炎
・結腸垂炎(腹膜垂炎)
・大網梗塞など

▶腫瘤としての鑑別

・脂肪腫
・脂肪肉腫
・奇形腫など

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。
【DICOM買い取ります!】 お持ちの典型的で教育的なDICOMデータを買い取ります。 詳しくはこちら