結核腫(Tuberculoma)

  • 肺野に孤立性結節性病変のパータンで見られる。
  • 乾酪壊死を含む肺結節で、周囲が類上皮細胞や厚い線維性被膜で被包化された肉芽腫。
  • 好発部位はS1,2,6。
  • 通常2cm以下の境界明瞭な比較的高吸収な結節。
  • 石灰化を伴うことが多い。
  • 衛星結節を周囲に伴うことがある。(腫瘍との鑑別に重要)
  • 内部に空洞を伴うことがある。
  • 内部は造影効果を欠くのが基本であるが、辺縁にリング状に造影されるのが典型。
  • ただし、時期によっては造影効果を呈し、腫瘍との鑑別が困難。
  • 粟粒結核とは別であり、粟粒結核は、結核菌による敗血症が生じて肺に病巣をつくるもので、全身のあらゆる部位の結核で発症しうる。
症例 30歳代女性 結核性リンパ節炎、結核腫フォロー

Tuberculoma

左上葉に石灰化を有する結節影あり。結核腫を疑う所見。


症例

Tb CT2

2009年放射線科診断専門医試験問題29より引用。

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら