虫垂癌(虫垂がん)とは

・非常に稀。全虫垂切除例の0.1%程度

・手術時に既に45%が転移をしている。

他の消化器臓器に第二の癌を見る事が多いのが特徴の1つ。

・好発年齢は60歳代、男女比は3:2。

・虫垂の腫瘍性病変は下図のようにまとめられる。

虫垂癌結腸型(colonic type)=腺癌嚢腫型(cystic type)=粘液性嚢胞腺癌に分けられる。後者が腹膜偽粘液腫の原因となる。前者は血行性・リンパ行性の転移が多い。

・結腸型:嚢腫型=1:9くらいと後者が多い。

・虫垂の悪性腫瘍では、カルチノイド転移性腫瘍の頻度が高いと言われている。

・結腸型( colonic型) の虫垂癌は虫垂腫瘍のなかでも最も稀。

・盲腸癌や虫垂癌が虫垂閉塞の原因となり、虫垂炎を来すこともある。

・根治手術(右半結腸切除)ができれば5年生存率は50%前後。

虫垂癌の位置づけ

虫垂腫瘍の分類

 



関連記事はこちら