一過性大腿骨頭萎縮症(taransient osteoporosis of the hip)

  • 一過性の股関節痛と大腿骨頭の骨粗鬆症を来す原因不明の疾患。
  • もともと妊娠後期の女性に見られるとされてきたが、妊娠していない女性や中年男性にも多く見られることがわかってきた。
  • 原因は、神経性変化、虚血性変化、ホルモンの関与などが言われているが不明。
  • 経過は良好で症状は一過性。2-12ヶ月で軽快する。

関連記事)一過性大腿骨頭萎縮症の原因や症状、治療法は?画像と共に解説

一過性大腿骨頭萎縮症の画像所見

  • 単純X線にて、関節裂隙の狭小化を伴わない大腿骨頭~頸部の骨粗鬆症(骨萎縮、骨透亮像)を通常片側性に認める。骨頭の圧潰、破壊はみられない。
  • 骨シンチグラフイでは大腿骨頭から頚部に均一なびまん性の集積が見られるが、MRIにより必要性は低下している。
  • MRIでは、大腿骨頭~頚部にかけてT1強調像で低信号、T2強調像で高信号を示す異常信号が見られ、STIR像や脂肪抑制併用T2強調像で高信号となる。
  • 骨髄浮腫を反映していると考えられる。ただし、軟骨直下にはみられない。
  • 骨頭に線状の低信号域は認めない
  • 鑑別としては、大腿骨頭壊死が問題になるが、この場合、壊死骨を示唆する低信号縁に囲まれた領域が存在する点が一助となる。ただし、大腿骨頭壊死でも急性期にはびまん性の骨髄浮腫を認めるため、経過観察も重要。

症例 40歳代女性 数週前より右股関節の痛みあり。

taransient osteoporosis of the hip1

右大腿骨頸部〜大腿骨頭にT1WIにて低信号、STIRにて広範な高信号あり。

骨髄浮腫の所見であり、明らかな骨折線は認めない。一過性大腿骨頭萎縮症を疑う所見。


 

症例 40歳代男性 1ヶ月前から誘引なく左大腿前面痛の出現あり。

taransient osteoporosis of the hip

左大腿骨頸部〜大腿骨頭にT1WIにて低信号、STIRにて広範な高信号あり。

骨髄浮腫の所見であり、明らかな骨折線は認めない。一過性大腿骨頭萎縮症を疑う所見。


 

症例 20 歳代の男性。数週間前から誘因なく右股関節痛が出現

TARANSIENT OSTEOPOROSIS OF THE HIP2007年放射線科診断専門医試験問題18より引用

右大腿骨頭から頸部にかけて、T1WIにて低信号、T2WIにて高信号あり。骨髄浮腫の疑い。

骨頭には壊死や骨折を示唆する低信号の線状影を認めず、一過性大腿骨頭萎縮症の疑い。

外傷や感染のない大腿骨頭の骨髄浮腫の鑑別診断

  • 大腿骨頭壊死
  • 疲労骨折 ( 軟骨下脆弱性骨折 )
  • 一過性大腿骨頭萎縮症

参考)骨軟部疾患の画像診断 P26-27



関連記事はこちら