単純X線写真で異常のない股関節痛で考えるべき鑑別診断

・多くはMRIに頼ることになる。

●骨病変
・骨挫傷
・不顕性骨折
・大腿骨頭壊死症
・骨髄浮腫症候群

●関節病変
・関節水腫→左右を比較せよ。
・化膿性関節炎
・関節唇損傷→変形性股関節症に伴う事が多い。T2*強調像が最も診断に適する。

●関節周囲軟部組織の病変
・ガングリオン→T2WIで非常に高信号。
・滑液包炎→T2WIで非常に高信号。
※これらは脂肪織と隣接している場合は診断が難しいことも稀ではなく、脂肪抑制像でないと診断できないこともある。

●骨盤内病変
・子宮内膜症

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら