癒着性くも膜炎(adhesive arachnoiditis:AA)

  • 種々の原因により、硬膜から脊髄表面までの空間が癒着し、髄液の流れに障害を引き起こし、神経根の障害、脊髄実質の変化、続発性脊髄空洞症の合併を伴う疾患。
  • 原因は、くも膜下腔への注入物(造影剤、麻酔薬物、ステロイド)、感染、外傷、硬膜内外の手術と硬膜内の出血など。原因不明なこともある。

癒着性くも膜炎の画像所見

  • T1強調像で脊髄と脳脊髄液との境界が不明瞭になる。
  • T2強調画像では高信号を髄内に認める。
  • くも膜下腔の局所的拡張ないし膜嚢胞性病変。
  • 脊髄の変形。
  • MRIで診断が難しいこともある。ミエログラフィーやミエロ後CTが有用。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。