脊髄サルコイドーシス

・髄膜から血管周囲腔に沿って髄内に進展する。

・MRIでは、初期には髄膜に沿った増強効果を認め、時に肉芽腫を反映した結節構造を伴う。

・髄内に進展すると、脊髄内にT2強調像で紡錘状の高信号域を認め、腫大を伴うこともある。

・病変は頸髄〜上部胸髄に好発する。

・鑑別は、癌性髄膜炎、結核性髄膜炎などの肉芽腫性疾患。

・中枢神経系のサルコイドーシスは他臓器の病変に比して有症状であることが多い。

・中枢神経病変を伴う頻度は5%。脊髄病変に限った場合は1%以下。

・脊髄病変が初発となることは少ない。

・もっとも多い症状は下肢脱力で、他に知覚障害、膀胱直腸障害などを認めることがある。

・診断が遅れると後遺症を残すことがあり、早期診断が重要。

脊髄サルコイドーシスの画像所見

頸髄から上部胸髄に存在する紡錘状のT2強調像高信号域

・初期には髄膜に沿った増強効果を認める。

・血管周囲腔に沿って髄内に進展して、髄膜および髄内に多発結節状増強効果を認めるようになる。

・造影効果のある部位が造影前にT1強調像にて高信号を呈することもある。

・慢性期には脊髄は萎縮する。

・しかし、画像にて所見を指摘できるのは脊髄サルコイドーシスのうち10%程度。つまり、画像に異常なくても否定はできない。

脳病変の合併

・中枢神経系の病変の頻度はサルコイドーシスの5%。

・脳底部を中心に、視床下部、下垂体漏斗部、第3脳室前床部に好発。

画像所見

髄膜に沿った造影効果

髄膜から連続する実質内の結節性病変

脳実質内のT2強調像での高信号領域と結節状の造影効果などを認める。

・しかし、脊髄サルコイドーシスにおいて脳病変の合併は少ない。

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。