胆管内ガス(pneumobilia)をみたら

  • 胆管空腸吻合後
  • 乳頭切開後
  • 胆摘後

においては生理的に認められるので、病歴や手術歴をチェックする。

  • 既往・手術歴ある場合は、左右に均等に認められるかもチェックする。
  • 既往・手術歴ない場合は、胆道-消化管瘻を考える。慢性胆嚢炎の十二指腸穿通などをチェック。
  • 逆に、これまで見えていたpneumobiliaが消えたときにも注意。吻合部の閉塞や感染を伴っている可能性あり。見えていたpneumobiliaが見えなくなったけど、まあいいやじゃ、ダメ!
症例① 70歳代男性 胆管癌術後(胆管内ガス(pneumobilia))

pneumobilia

胆管内ガス(pneumobilia)でも以下の症例のように肝のかなり末梢まで認められることもありますので、末梢=門脈ガスと判断しないようにしましょう。
症例② 80歳代男性 乳頭切開術の既往あり。

pneumobilia1

症例③ 70歳代男性 胆摘後

pneumobilia2
門脈内ガスと胆管内ガスの鑑別はこちら。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。