ブラ(bulla)とは?

  • 肺胞構造の破壊によって気腫状に拡張した気腔のこと。
  • ほとんどが喫煙者に生じる。
  • 広範な小葉中心性または傍隔壁性肺気腫に合併することが多い。
  • 特に胸膜下の大きなブラは傍隔壁型肺気腫に合併することが多い。
  • つまり、気腫の一部が壁を形成してブラになると考えられる。
  • 自然気胸の原因となる。
  • 薄いが明瞭な壁構造を有する点が気腫と異なる。

 

画像上の特徴
  • ブラ・ブレブ:壁構造を有する
  • 気腫:壁構造を有しない

 

ブラとブレブの違いは?

  • ブラは径1cmを超える(通常数cm)気腔で、1mm以下の薄い壁により境される。特に胸膜直下で認める。
  • ブレブは基本臓側胸膜内に存在する小さな気腔で、径が1cmに満たないもの。
  • CTではブラとブレブは区別できず、まとめてブラとする。

ということで、ブラ、ブレブ、気腫をシェーマで表すと次のようになります。

ただし、気腫が進行するとブラを形成することからもわかるように、ブラと気腫も明瞭に画像上に分類されるわけではありません。

参考:
やさしイイ胸部画像診断教室 P 107
困ったときの胸部の画像診断 P138-141

画像診断 Vol.30 No.11 臨時増刊号2010 P132-137

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する