急性腹症を起こしうる腹部内臓動脈解離には、

  • 上腸間膜動脈解離
  • 腹腔動脈解離
  • 肝動脈解離

などがあります。

なかでも最も頻度が高い上腸間膜動脈解離についてまとめました。

上腸間膜動脈解離(superior mesenteric artery dissection)とは?

  • 高血圧、動脈硬化、線維筋性異形成、中膜変性、外傷、炎症、医原性、Marfan症候群、Ehlers-Danlos症候群、分節性動脈中膜融解(SAM:segmental arterial mediolysis)などが原因となり起こります。
  • 男性に多いとされます。
  • 急性例と慢性例に分けられます。
  • 無症状で偶発的にみつかることもありますが、急性例では突発的な腹痛や腹部膨満を認めます。

上腸間膜動脈解離の診断は?

  • 造影CTによる解離腔の同定が最も有用とされます。
  • 上腸間膜動脈の偽腔内の血栓あるいは壁在血栓、intimal flap、上腸間膜動脈の径の拡大、周囲の脂肪織濃度上昇などを認めます。
  • 偽腔開存型の場合は、エコーで上腸間膜動脈のフラップが同定可能なことがあります。
症例 50歳代男性 急激な上腹部痛

造影CTで上腸間膜動脈(SMA)に血栓閉鎖型の解離腔を認めています。

周囲脂肪織濃度上昇あり。

冠状断像で解離が広範であることがわかります。

保存的に加療されました。

上腸間膜動脈解離の治療は?

  • 血栓閉鎖型の場合は比較的予後が良いとされ、降圧治療、抗血小板療法などの保存的治療がなされます。
  • しかし、偽腔の拡大、出血、腸管虚血などを伴っている場合は、バイパス術を含め外科的処置の適応となります。

参考文献:
画像診断 Vol.28 No.12 2008 P1324-1325
画像診断 Vol.28 No.13 2008 P1451

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。