大腸癌の壁外浸潤の有無をCTで読影する手がかりとして、

  • 周囲の脂肪織濃度上昇
  • 壁の不整

などがありますが、壁外浸潤していたら、即T4a(SE)ではありません。

今回は、大腸癌の壁外浸潤のCT画像診断(T3(SS)かT4a(SE)か)についてまとめました。

ちなみに、

  • T3(SS):漿膜下層にとどまる。
  • T4a(SE):漿膜表面に露出。

です。

大腸癌の壁外浸潤のCT画像診断

大腸癌の壁外浸潤がT3なのかT4aなのかを判断する際には、その結腸が

  • 間膜に固定されている結腸なのか
  • 後腹膜に固定されている結腸なのか

でまず分けられます。

間膜に固定されている腸管(盲腸、横行結腸、S状結腸)の場合

同じ壁外浸潤であっても、

  • 腸間膜付着部ではT3(SS:漿膜下層にとどまる)
  • 腸間膜非付着部ではT4a(SE:漿膜外浸潤)

となります。

しかしCT画像では、腹水貯留がない限り、腸間膜付着部位はわかりません。

そこで腸間膜の付着部位であるヒントとして、血管がある部位=腸間膜付着部位と考えます。

後腹膜に固定されている腸管(上行結腸、下行結腸、直腸)の場合

同じ壁外浸潤であっても、

  • 後腹膜付着部ではT3(SS:漿膜下層にとどまる)
  • 後腹膜非付着部ではT4a(SE:漿膜外浸潤)

となります。

従って、これらの場合、後方(背側側)へ腫瘍が浸潤している場合は、後腹膜がありますので、T3なのではないかと疑うことが出来ます。(over diagnosisを防ぐことが出来ます。)

最後に

今回まとめた内容で動画を作成しましたので、合わせてご覧ください。

理解が深まると思います。

参考文献:

関連記事はこちら